Chapelle Notre-Dame du Haut_drawing by Le Corbusier

 

 
 

ロンシャンの礼拝堂に描かれた、ル・コルビュジェによる絵画。

コルビュジェがどういった想いでこの空間に挑んだのか切実に伝わってくる。

それは絵画ではあるがテキストに近いのかもしれない。

ラ・トゥーレット修道院の神父がコルビュジェを評した言葉を思い出した。

「彼は宗教建築に関してはあまり明るくないが、祈りの空間に関してはよく理解している。」

無形の光にどうしたら触ることができるのか。

 

 

 

 

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: